ギガ放題プランだと月額料金が高くなりますけど

WiMAXには料金プランが幾つか存在し、選ぶ必要があります。プロバイダにより異なりますが、ざっくりと2種類の料金プランに分類する事が出来ます。
それは、ギガ放題プランと通常プランと言う料金プランです。

 

ギガ放題プランだと月額料金が高くなりますけど、その分だけたっぷりと通信量を楽しむ事が出来ます。

反対に、通常プランは月々の金銭的負担が軽いものの、速度制限の規制が厳しいと言うデメリットがあります。

 

毎月どれだけ通信を行なうかを考えながら、後悔のない料金プラン選びを行いましょう。WiMAXサービスを提供するプロバイダの中でも、ちょっと変わっているのが3WiMAXってプロバイダです。

WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAX系統のものが大半なのですが、3WiMAXはKDDIのWiMAXサービスを取り扱っています。(BIGLOBE WiMAX 2+のキャンペーン特典が魅力的!参照)

ですので、3WiMAXでは提供されているWiMAX端末の機種が、他のプロバイダとは全然違います。
具体例を出せば、3波を束ねるキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBタイプのWiMAX端末となるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系統のプロバイダには提供されていません。UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX端末として販売されているSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う点が強みのWiMAX機器です。
これだけ速い通信速度を出す事が可能になる秘密は、WiMAX 2+とFD-LTEを使ったキャリアアグリゲーションにあるのです。
この3波CAですけど、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を同時利用する事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う脅威の通信速度を達成出来ている訳なのです。とは言うものの、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っているショップには限りがある為、選択出来るキャンペーン特典の選択肢もそんなに多くありません。
UQ WiMAXサービスの強みは、通信制限の規制が厳し過ぎないと言うところにあります。
他のモバイルインターネットなら、帯域制限が恐ろしくて映画など見てられません。平気な事と言えば、5分ほどの動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?そんな中で、WiMAXならば堂々と映画が観れますし、一日中ネット放送を流しっぱなしにしても平気です。WiMAXを使っていて思うメリットは、いくつか思い浮かびます。まず思い浮かぶのが、無線なので、好きな場所からインターネットを行なう事が可能なのです。

次いで、無線のインターネット回線ですから、インターネット開通の為の回線工事は行なう必要がありません。なおかつ、ネット回線工事が必要ありませんから、毎月の負担も低い状態でインターネットが利用可能です。加えて、通信規制が緩い点も、WiMAXの人気の秘密と言えます。

 

WiMAXと言うモバイルインターネットサービスの提供元となるのは、auの子会社になるUQコミュニケーションズなのです。
なので、auに連携したサービスが複数存在します。

 

その中でも代表的なのが、auスマートバリューmineと言うサービスでしょう。

WiMAXの契約を行った後にauで手続きを行なえば、auのサービスの料金が安くなるサービスです。
モバイルインターネットサービスの中でも話題のWiMAXではありますが、速度制限と言う通信制限がある事も考えながら使いましょう。

モバイルインターネットサービスは色々ありますが、WiMAXは速度制限が厳しくて通信に集中できないと言う程ではありません。だけども、通信のし過ぎは速度制限の対象となってしまいますので、そう言う配慮も必要となります。だけども、速度制限が適用されたケースにおいても、通常の使用下においては、不自由なくインターネットを行なうことができます。
UQ WiMAXを契約すると、WiMAX端末しか使わないので、屋内がすっきりします。
固定回線だと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要があります。
モデムには月々レンタル料金が掛かり、毎月の料金に上乗せされます。

 

方法として、モデムに無線カードを差し込む事も可能ですが、無線カードを使用する場合はレンタル料を取られてしまいます。

WiMAXと契約を申し込む折、色々なキャンペーン特典を獲得出来ます。中でもお勧めなのが、公衆無線LANを使用出来るようになるサービスでしょう。
UQ WiMAXであればUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。
どのプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスです。WiMAXの機器は、機能向上されたものがラインナップされ続けています。その中でも、通信速度の向上は目を見張るものがあり、今は、下りの最大通信速度は220Mbpsも出ます。

しかしながら、最近になって通信速度よりも、通信量がどれだけ達したかについて気に掛けられる傾向があるようです。

 

新しいWiMAX端末のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されています。

と言うのは、3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーに課せられる速度制限、これが以前よりも適用されるようになり、速度制限が厳しくなったのです。その為、メーカーやユーザーとしては、新製品に搭載する機能も変わって来たのです。WiMAXの月々の料金ですが、実際の所、契約先によって金額が異なります。具体的に言うと、Broad WiMAXの場合は初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間は月額料金が割引きされます。

なお、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がかなり安いですけど、申し込み25ヵ月目からの月額料金は高くなります。
こう言った感じに、各契約先によって月額料金に特徴がありますから、それを把握した上で申し込み先を決めましょう。

 

WiMAXを利用する時に、注意すべき速度制限は二種類あります。
一つめが、月間データ量による速度制限って言う、7G制限と言われているものがあります。

ふたつめが、混雑回避の為の速度制限と言われるものが存在します。ギガ放題プランへ申し込むことによって、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は免除になります。でも、混雑回避の為の速度制限は適用になります。

 

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末として登場しました。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当時はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、現在は対応しているエリアが広がっています。そして、au 4G LTEと言う機能はHWD15からそのまま踏襲し、広大なエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。
言う間でもなく、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台に対応していて、充電しながらのインターネットにも対応しています。
電気屋にて、光インターネットの勧誘を受けました。
WiMAXで満足している私ですし、当然ながら、光回線を検討する事はありません。

販売員にWiMAXがあるから必要ないと伝えたところ、想像してなかった返事が返って来ました。
WiMAXは、雨風に影響されるでしょう?なのですが、3年間WiMAXを使用して来た経験上、強風でWiMAXが使用不能となる日は一度もありませんでした。強風で家が揺れる位の日もありましたが、WiMAXへの影響は何も見られませんでした。

近頃は、WiMAXのプロバイダの中には、オリジナルの保証制度を設けるプロバイダが出て来ました。例を出せば、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証制度を導入しています。

それから、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を採用しています。

どの保証制度にしても、契約解除料を支払わずWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。

 

nifty WiMAXでWiMAXの契約を行なうと、Wi-Fiサービスをタダで使用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。対象のWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類です。
その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけども、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの両方を使用する事が出来るようになります。

 

WiMAX端末を所持してなくても使用する事が可能ですし、通信制限も気にしなくて良くなりますので、凄く人気の良いサービスとなっています。人気のWiMAXサービスではありますが、多種多様の意見があります。
一例を挙げると、建物内では通信速度が落ちるだとか、そう言った否定的な口コミもあります。

ですが、WiMAXの受信状況は日々向上しています。
と言う事で、口コミの内容をそのまま鵜呑みにする事は出来ません。口コミサイトでWiMAXについて調べる事もあるでしょうが、出来るだけ新しいクチコミを確認するようにしましょう。WiMAX通信に対応した端末は、次々と新しいものが発売されます。
個々によって機能が異なり、スペックも違います。その中でも衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売開始です。このWiMAX端末はau 4G LTE回線に対応し、以前はまだ不足していたWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。
URoad-StickはUSBタイプの軽くコンパクトなWiMAX端末で、そんなところから持ち運びが楽で便利です。URoad-StickをUSBポートに挿し込む事により、電気をまかないながら扱う事が出来ます。
難しいセットアップも行わずに使用出来ますから、そう言う手軽さが人気のWiMAX端末になっています。
使用出来る通信回線はWiMAXとWiMAX 2+となっていて、下り最大通信速度となると110Mbps出す事が可能です。

WiMAXを契約すると、その機能性の良さにビックリさせられます。
私が契約後に思ったのが、速度制限が厳し過ぎないと言う部分です。

自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、通信制限のせいでイライラする事が無くなりました。
UQ WiMAXにも帯域制限はありますが、ギガ放題プランであれば気になるレベルじゃ無くなるのです。
周知のようにWiMAXには速度制限がありますが、さほど厳しいものではありません。

WiMAXのギガ放題プランに申し込めば、ハイスピードモードの時の月間データ量による速度制限がないです。
また、混雑回避の為の速度制限の時も、他社モバイルインターネットサービスの3倍の通信量を使用する事が出来ます。

 

速度制限時であったとしても、動画を観る事が可能な通信の速さは維持されます。WiMAXサービスを導入した事で、私のライフスタイルは変わりました。最も大きかった事は、スマートフォンで7G制限を気にする事がなくなりました。
Wi-Fiテザリングを使用してWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマートフォンで使用出来る通信量は消費しなくなった訳です。

 

なので、スマホサイトに動画が埋め込まれている場合であっても、ヒヤヒヤせず普通に観れるようになりました。

WiMAXの特性としては、インターネットの利用を無線で行なう事が可能だと言う利便性にあるでしょう。
無線を介しますから、好きな場所でインターネットを行なう事が出来ます。なおかつ、WiMAX端末はポケットサイズですので、持ち運びに向いています。そんな点を考慮すると、タブレットとの相性が最高です。と言う事なので、WiMAXプロバイダの中にはタブレットの無料プレゼントを行っている所も存在します。WiMAXのサービスは25ヵ月間の契約が基本になっていて、途中で解約をしてしまうと違約金を請求されてしまいます。
それだけ長い契約期間になっていますので、きちんとしたとこと契約をしたい所です。うっかり見落とされがちなのが、それぞれの契約先のサポートセンターの対応です。コールセンターの営業日が平日だけだったり、フリーダイヤルでは無かったりするプロバイダもありますから、しっかりと考慮してから契約を行いたいものです。

WiMAX端末は普通の値段が20000円しますし、クレードルとのセットで22750円もします。

それなりの価格となりますので、WiMAX導入の際の足かせとなります。
そんな訳で、各プロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントキャンペーンを行っています。
プロバイダによってはクレードルセットで無料の所もありますので、そんなプロバイダを選択するとベストです。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOに対応して、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る点が特徴となるWiMAX端末です。4×4MIMOとはWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なうテクノロジーの事です。
この技術により、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsから、倍の220Mbpsとなる訳です。他には、Bluetoothにも対応していますので、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が可能となります。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして発表になったWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15って言うWiMAX端末になります。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持つ主な特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を使い分ける事が可能だと言う点が挙げられます。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う機能を搭載して、これまでのWiMAX端末のWiMAX通信と比べると、一回り広いエリアでの通信を行えます。
また、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との全く違うところと言えます。
WiMAX通信機の大きさは、スマホよりも小さいです。

 

その為、外に持ち出せます。ポケットに入り切る大きさですし、重量や厚みも大した事なく、ポケットが膨らんでみっともなくなるような心配は無いです。WiMAX機器は、スマホアプリを使って操作をする事が出来ます。

ですから、WiMAXルーターをカバンの中に入れ、その状態で使用する事が出来ます。
Speed USB STICK U01はUSBサイズの小型なWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbpsも出す事が可能な点が特徴のWiMAX端末です。その仕組みですが2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に使用する事で、今までの二倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。
それに加えて、Speed USB STICK U01と言うWiMAX端末はau 4G LTEと言う通信回線も利用出来ますので、人口カバー率99%と言う広い通信エリアを利用する事が出来ます。

Speed USB STICK U01はバッテリーを機器内に装備していませんから、USBポートから常に給電しながら利用するタイプのWiMAX端末となります。毎月の費用の安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXってプロバイダが存在します。

 

驚くほど月額料金が安いプロバイダですから、色々と条件を付けないのであれば、業界で一番安いWiMAXのプロバイダであると言えます。ただし、auスマートバリューmineに対応していませんから、auでスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、ほとんどお勧め出来ないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。はたまた、直接のユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していませんので、そんな部分でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言う事になります。

ギガ放題プランだと月額料金が高くなりますけど はコメントを受け付けていません。

Tags: