WiMAXと言うモバイルインターネットサービスの提供元は

WiMAXのサービスを取り扱うプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+と言うプロバイダがあります。

このプロバイダが提供するWiMAXサービスですが、1年間セキュリティーサービスをタダで利用する事が出来ると言う点が特徴です。
このセキュリティサービスですが、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスです。本来は月額500円掛かる有料サービスなので、金額的に6000円くらいのお得感になると言えます。

WiMAXと言うモバイルインターネットサービスの提供元は、auのグループ会社のUQコミュニケーションズです。

そんな理由から、auと連携したサービスが複数あります。

そんなの中でも代表的なのが、auスマートバリューmineと言うサービスです。WiMAXサービスの契約を行った後にauショップで手続きを行なうと、auの月額料金が割引きされるサービスです。WiMAXサービスを提供するプロバイダですが、いくつかあります。各プロバイダで契約内容に違いが出て来ますので、そう言った部分で、留意する必要があります。
具体例を挙げると、セキュリティーサービスの付いたWiMAXサービスを利用したいのであれば、So-netモバイル WiMAX 2+がマッチしたプロバイダと言う事になります。(UQ WiMAXの料金はどれくらいかかる?にて解説)
こういった様に、契約したプロバイダで契約内容が異なるので、慎重に契約先は選ぶのが望ましいです。月額料金が安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダが存在します。圧倒的に月額料金が安いプロバイダですので、あれこれ制約を付けない中であれば、業界で一番安いWiMAXのプロバイダと言えます。

ただし、auスマートバリューmineには非対応ですから、auでスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにしてみれば、あまりお勧め出来ないWiMAXのプロバイダになります。しかも、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までしか対応していない為、そう言う点においても注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。

最近、WiMAXサービスのプロバイダの中に、オリジナルの保証制度を用意するプロバイダが出て来ています。

例を出すと、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証の制度を導入しています。それから、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を採用しています。

どっちの保証制度にしろ、違約金を支払わずWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。周知のようにWiMAXには速度制限がありますが、そんなに厳しいものではないです。
ギガ放題プランへ申し込むと、ハイスピードモードの時の月間データ量による速度制限はありません。
混雑回避の為の速度制限の場合も、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が可能です。通信制限が掛けられた時であっても、動画の視聴が出来る通信速度は維持されます。

WiMAX機器は普通の価格が20000円しますし、クレードルとのセット販売で22750円もします。

 

結構な金額となりますので、WiMAX契約の際の負担になってしまいます。

そう言う訳で、それぞれのプロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントキャンペーンを行っています。

プロバイダによってはクレードルとセットで無料の所もありますので、そう言うプロバイダを選択するとベストです。WiMAXサービスを利用していて感じる利点は、いくつか存在します。具体的には、モバイルインターネットですから、好きな場所からインターネットを行なう事が可能なのです。
続いて思い浮かぶのが、モバイル通信と言う事で、インターネット開通工事が不必要と言う点が挙げられます。
他にも、回線工事が不要と言う事で、低負担でインターネットサービスを利用する事が出来ます。

 

他にも、通信規制が厳しくないと言う点も、WiMAXの人気の秘密と言えます。近年のUQ WiMAXサービスと言えば、au 4G LTE通信に対応しているWiMAX端末もラインナップしています。
au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線を使用して、日本の人口カバー率99%を超える、かなり繋がりやすい通信回線です。
800MHzと言う低周波数域を使うプラチナバンドで、障害物があってもすり抜けたり回り込んだりして、奥まった場所にも電波が届きやすいです。

今までのau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応しているエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡大しています。

 

WiMAXを使用する際、注意すべき速度制限は二種類存在します。ひとつ目が、月間データ量による速度制限と言う、7G制限って呼ばれているものがあります。
ふたつめは、混雑回避の為の速度制限と言われるものがあります。
ギガ放題プランに申し込むことで、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除されます。

しかし、混雑回避の為の速度制限は適用となります。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして発表になったWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15って言うWiMAX端末になります。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を使い分ける事が出来ると言う点があります。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う機能に対応して、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比べると、一回りくらい広いエリアでの通信に対応しています。

加えて、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した時の全く違うところと言えます。WiMAXに申し込めば、その機能性の高さにビックリさせられます。

 

自分が思ったのが、通信制限が厳し過ぎないと言うところです。

自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、速度制限のせいでイライラする状況がありません。
UQ WiMAXサービスにも速度制限はありますけれど、ギガ放題プランで契約すれば気にするレベルでは無くなるのです。
WiMAXの契約を行う際、料金プランを選択する必要があります。
プロバイダで違いがあって、大きく分けると2種類料金プランが存在します。その料金プランが何かと言うと、通常プランと言う料金プランとギガ放題プランと言う料金プランです。ギガ放題プランは月額料金が高額なのですが、その代わりに7G制限がありません。
その一方、通常プランと言う料金プランは安いのですが、速度制限の規制が厳しくなるので、その部分は注意が必要となります。
自分のインターネットの使い方を検討しつつ、どちらの料金プランにするかを考えましょう。
WiMAX端末の中においては、au 4G LTEと言ったauの提供する通信回線に対応しているものもあります。

au 4G LTEは人口対応率が99%の通信回線で、広いエリアで利用出来ます。その他、800MHzのプラチナバンドの電波を使っていますから、奥まった部分まで電波が届きます。その一方で、一回でも使用すると月額1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が掛けられます。

 

最近のインターネット業界は、モバイル業界への人気の高まりを感じるようになりました。
契約した建物内でしか使えないと言った従来の概念とは異なるので、利便性の高さと言った点では人気の秘密となっています。でも、モバイルのイメージとしては、不安定なんじゃないかと言う部分があります。

とは言え、モバイルのインフラは急ピッチで進んでいますから、安定性は割りと良くなっています。と言う事で、モバイルは無線だからと言っても使えないと言う事は無いです。
電気屋で、光回線に興味は無いかと店員に尋ねられました。
でも、WiMAXを使っている私ではありますし、当然、そんなもの必要ありません。ですから、必要ない意思を店員に対して伝えると、呆れるような営業トークをされました。

WiMAXだと、雨風に影響されるでしょう?でも、今までのWiMAXユーザーとしての経験上、WiMAXが天候に左右されると言う経験は一度もありません。

 

大雨の中であっても、WiMAXへの影響は何も見られませんでした。

WiMAXの魅力は、無線通信を使ったインターネットを利用する事が出来ると言う部分にあるでしょう。
無線ですので、どこにいてもインターネットに接続する事が可能となります。更には、WiMAX端末はポケットサイズですから、どこでも持ち運びが出来ます。

そんな部分を考慮すると、タブレットとの相性が最高です。

 

そう言う部分から、WiMAXとタブレットとのセット売りを行っているプロバイダも存在します。
ワイマックスと言うサービスがありますが、この通信サービスは、速度制限の規制がある程度緩い点が特長です。ですので、それなりに通信を行なうと言う方にしてみれば、一番適したモバイルサービスと言えるでしょう。

速度制限のストレスから解放されたいと言う方は、導入するのも良いでしょう。
WiMAXサービスは25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をすると契約解除料を請求されてしまいます。
そんな長期契約期間になっていますから、しっかりとしたとこと契約をしたい所です。

 

意外と見落とされがちな部分が、各契約先のサポートセンターの応対です。

 

電話対応が平日のみだったり、フリーダイヤルじゃ無いプロバイダも少なくないですから、しっかりと判断してから契約を行いたいものです。

 

UQ WiMAXではなくてKDDIのWiMAX機器として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う点が強みのWiMAX機器です。こんなに速い通信速度を出す事が出来る秘密なのですが、WiMAX 2+とFD-LTEを使用したキャリアアグリゲーションにあります。この3種類の電波のCAですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数の帯域を1つに束ねる事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う脅威の通信速度を実現出来ている訳なのです。とは言っても、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っているショップには限りがある為、利用出来るキャンペーン特典の選択肢もそんなに種類が多くありません。
WiMAXサービスに申し込んだ事で、私のライフスタイルは変わりました。最も大きかったのが、スマホで7G制限に気を取られる必要がなくなりました。Wi-Fiテザリングを使用してWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマホの通信量は浪費しなくなった訳です。

そして、スマホサイトにムービーが埋め込まれている場合であっても、気にせず普通に観れる状態になりました。
WiMAX通信に対応したデータ通信機器は、次々と新製品が開発されます。

 

それぞれにより性能が異なり、スペックも違います。そんな中でも衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売開始でしょう。このWiMAX機器はau 4G LTEに対応していて、当時はまだ不十分だったWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。WiMAX機器の大きさは、スマホよりも小さいです。

ですから、邪魔になりません。ポケットに入り切る大きさですし、重量も厚みも大した事無くて、ポケットに入れた状態で座っても、ポケットは膨らみません。
ワイマックス対応の通信機は、スマホアプリで操作可能です。なので、WiMAXルーターをカバンの中に入れ、そのまま使う事も可能です。
モバイルルーターを使ったインターネットサービスは、WiMAXのようなサービスが色々存在します。
具体例を出すと、速度制限無しと言う点で話題のぷららモバイルLTEがあります。
速度制限が無いサービスではありますけれども、最大通信速度が3Mbpsほどしか出ないのです。
ぷららモバイルLTEの通信速度なのですが、速度制限時のWiMAXよりも遅いです。

ですから、速度制限無しとは言えども、WiMAXを例に出すとすれば、速度制限が掛かり続ける状態でのサービス利用と同等です。WiMAXサービスの月額利用料金ですけど、実際の所、契約先によって金額が異なります。
例として、Broad WiMAXの場合、初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間は毎月の料金が割引きされます。

更には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がとても安いですが、申し込み25ヵ月目からの月額料金は高くなります。こう言った風に、各申し込み先によって月額料金に特徴がありますので、それを分かった上で契約先を検討しましょう。WiMAXの強みは、速度制限の規制が厳し過ぎないと言うところにあります。
他のモバイルインターネットなら、通信制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。出来る事と言うと、5分ほどの動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?でも、WiMAXなら普通に映画が視聴出来ますし、一日中インターネット放送を流しっぱなしにしても平気です。
WiMAXサービスと契約を行う際、色々なキャンペーンサービスが付いています。

中でもお勧めなのは、公衆無線LANサービスです。UQ WiMAXならばUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。
どのプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、多くのWi-Fiスポットと提携しているサービスです。

 

WiMAXサービスを運営してるのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が用意されているところも存在します。

 

例を出すと、DTI WiMAX 2+ってプロバイダの場合だと、DTI Club OffってDTI会員限定のオリジナル割引特典が付いて来ます。

 

DTI Club Offとは、全国各地にある旅館やレジャー施設、また、スポーツクラブや温泉施設、レストランや居酒屋などなど、色々なサービスを特別優待価格で利用する事が可能です。

映画やミュージカル、美術館やカラオケなど、書き尽くせない程対象となるサービスは幅広いですから、色んな人にお得感を感じて貰う事が出来ます。Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を抑える点が改良されたWiMAX端末です。

そのワケとして、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が著しかったからです。そんな訳で、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく搭載されました。なおかつ、三日間の総通信量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限に対する対策が行いやすくなりました。WiMAX通信に対応した機器は何種類か存在します。WiMAX端末は新製品がどんどん登場し、WiMAX端末の持つ機能はどんどん強化される一方です。例えば、WiMAX回線を使った通信しか出来なかったWiMAX端末に、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線を使い分ける事が可能となりました。
その他にも、通信速度が毎年向上して来ています。

 

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが採用された時も、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと向上しました。

 

WiMAXと言うモバイルインターネットサービスの提供元は はコメントを受け付けていません。

Tags: