25ヵ月間継続の契約をする事で

UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX端末として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う点が強みのWiMAX端末です。こんなに速い通信速度を出す事が出来る理由は、WiMAX 2+とFD-LTEのキャリアアグリゲーションにあります。この3波キャリアアグリゲーションですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数の帯域を1つに束ねる事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を実現出来ている訳なのです。(WiMAX 2+の新製品Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)が登場!従来端末と比較にて)

しかし、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を販売している店舗には限りがあるので、選択可能なキャンペーン特典の選択の幅もそんなに多くありません。UQ WiMAXサービスには色々な料金プランがありますけど、25ヵ月間に渡る契約が一般的です。
なぜかと言うと、25ヵ月間継続の契約をする事で、25ヵ月間の月々の料金が500円分割引きになるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。
しかも、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用される為、結果的に、契約期間中ずっと500円割引きされた状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。500円と聞くとそんなに高額な金額ではありませんけど、値引きが適用されるのは毎月の事ですので、お得感はどんどん重なって大きくなります。

最近のUQ WiMAXサービスと言うと、au 4G LTE通信に対応しているWiMAX端末もラインナップしています。

 

au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線を使用し、日本の人口カバー率が99%を超えている、とても受信しやすい通信回線です。

800MHzと言う低周波数を使用したプラチナバンドで、物質を貫通したり回り込んだりして、奥まった場所にも電波が届きやすいです。今までのau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応したエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡がって来ています。
WiMAXサービスを提供してるのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が用意されているとこもあります。
例を挙げると、DTI WiMAX? 2+と言うプロバイダの場合だと、DTI Club Offと言うDTI会員限定のオリジナル割引特典が付いて来ます。
DTI Club Offとは、全国各所にある宿泊施設やレジャー施設、更には、温泉施設やインテリアショップ、レストランや宅配ピザなどなど、さまざまなサービスを特別な優待価格で利用する事が出来ます。

映画のチケットやミュージカル、展覧会やカラオケなど、書き尽くせない程対応するサービスは幅広いですから、色んな人にお得感を感じて貰う事が出来ます。
WiMAXと言うネット通信サービスなのですが、このインターネットサービスは、通信制限の規制がやや緩めで、そこが特長となります。

と言う訳で、大容量通信が必要となる方であれば、一番お薦め出来るモバイルのインターネットサービスと言えます。
速度制限を気にしてられないと言う方は、熟慮してみてはいかがでしょう?WiMAXを利用していて思うメリットは、複数思い浮かびます。

具体的には、モバイル回線って事で、どこにいてもネット通信を行なう事が出来ると言う点です。

次に思い浮かぶのが、無線のインターネット回線ですから、回線工事が不要だと言う点です。加えて、モバイル回線って事で、月額料金が安くなると言うメリットもあります。

また、帯域制限の規制が緩いと言う点も、WiMAXの魅力の秘密です。
Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。
と言うのも、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が著しかったからなのです。ですので、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと言うモードが新たに搭載されました。
更に、三日間の総通信量が表示される機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対応が取りやすくなりました。WiMAXサービスと契約を申し込む際、色々なキャンペーン特典が付いて来ます。

 

中でも嬉しいのは、公衆無線LANのサービスでしょう。

 

UQ WiMAXではUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。

どのプロバイダと契約をしても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスになります。WiMAXのサービス期間は25ヵ月間契約が基本になっていて、期間内に解約をしてしまうと契約解除料を取られてしまいます。それだけ長い契約期間になっていますので、きちんとしたとこと契約を行いたい所です。

意外と見逃されがちな部分が、各契約先のサポートセンターの対応です。

電話対応が平日だけだったり、フリーダイヤルじゃ無かったりするプロバイダも少なくないですから、きちんと考慮してから契約を行いたいものです。

 

WiMAXと言うインターネットサービスの提供元となるのは、auの子会社となるUQコミュニケーションズなのです。
そんな理由から、auに連携したサービスが複数存在します。
そんな中でも代表的なものが、auスマートバリューmineと言うサービスでしょう。

WiMAXサービスの契約を行った後にauにて手続きを行なうと、auのサービスの月額料金が安くなるサービスです。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として登場したWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX端末になります。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を利用する事が可能だと言う点が挙げられます。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う機能を搭載し、これまでのWiMAX端末のWiMAX通信と比較すると、一回り広いエリアでの通信を行えます。
その他、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応したところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した際の大きな違いな訳です。光インターネットサービスが主流ではありますけれども、結構人気のモバイルインターネットサービスが出て来ました。

契約した建物内でしか使えないと言った従来の概念とは異なるので、非常に利便性の高さを感じる所ではあります。

 

使い勝手とは反対に、モバイルは不安定さを感じる方もいるでしょう。

だけど、モバイルのインフラは進んでいますので、通信状態は安定しています。
と言う事で、モバイルは無線だからと言っても安定しないと言う事は無いです。

 

月額料金が安価なWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダがございます。
圧倒的に月額料金が安いプロバイダですので、色々と制約を付けない中であれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダと言う事になります。

だけども、auスマートバリューmineには非対応なので、auでスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにしてみれば、ほとんどうまみのないWiMAXのプロバイダとなります。更に、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までだけ対応となっている為、そう言う点でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。

WiMAXのサービスに申し込んだ事で、私の生活は大きく変わりました。

一番大きかった事は、スマホで7G制限に気を取られる必要がなくなりました。Wi-Fi通信を使用してWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマホで使用出来る通信量は浪費しなくなった訳です。
ですので、スマートフォンサイトにムービーが設置されている場合であっても、ヒヤヒヤせずPCのように視聴出来るようになりました。
UQ WiMAXを契約すると、その利便性の良さに驚かされます。

 

自分が思ったのが、通信制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なんですが、速度制限のせいでイライラする状況がありません。

 

UQ WiMAXサービスにも速度制限はありますが、ギガ放題プランで申し込めば気にするレベルじゃ無くなるのです。WiMAX専用の端末はいくつかラインナップされています。
ラインナップされる新製品は次々と登場し、WiMAXはどんどん利便性が増しています。

 

例を挙げると、以前はWiMAX回線しか対応してなかったですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も使用可能となりました。その他にも、年々向上している通信速度もその一つでしょう。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が導入され、通信速度が倍に向上しました。確かにWiMAXには通信制限がありますが、そんなにハードなものではありません。ギガ放題プランにて契約すると、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限がないです。
混雑回避の為の速度制限に関しても、他社モバイルインターネットサービスの3倍の通信量を利用する事が出来ます。通信制限時であっても、動画を観る事が可能な通信速度は維持されます。
WiMAXを利用する時、注意すべき速度制限は二種類あります。ひとつめが、月間データ量による速度制限、一般的に言う7G制限と言われているものがあります。二つ目は、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものがあります。ギガ放題プランに申し込むことで、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は免除となります。
でも、混雑回避の為の速度制限に関しては適用になります。
Speed Wi-Fi NEXT W01はキャリアアグリゲーションを搭載し、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末として登場しました。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当初はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、現在は対応エリアが広がっています。

重ねて、au 4G LTE対応はHWD15から受け継ぎ、広いエリアでの通信に対応している部分がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。

 

勿論の事、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う充電台にも対応してて、充電しながらのインターネットにも対応してます。nifty WiMAXでWiMAXの契約をすると、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。対象のWi-Fiサービスなのですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類です。

 

nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を利用する事が可能になります。WiMAX端末を所持してなくても使用する事が出来ますし、帯域制限も気にしなくて良いですから、凄く人気のあるサービスとなっています。

 

WiMAXサービスの強みは、速度制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。

 

他モバイルインターネットサービスなら、通信制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。問題ない事と言えば、5分程度の動画を数日に一回程度視聴する位ではないでしょうか?一方、WiMAXなら堂々と映画が視聴出来ますし、24時間ネット番組を流しっぱなしにしても平気です。

WiMAXの契約を行う際、料金プランを選択する必要があります。プロバイダ毎に少し異なるものの、大体、2種類の料金プランが存在します。それは何かと言うと、ギガ放題プランと言う料金プランと通常プランと言う料金プランです。ギガ放題プランは月額料金が高いですが、通信量による帯域制限が緩いので、お得感は大きいです。
反面、安さがメリットの通常プランがありますが、その分だけ速度制限の規制が厳しいです。
自分の通信環境に合わせた形で、どちらか片方の料金プランに決めましょう。
WiMAX端末の機種においては、au 4G LTEと言うauの通信回線に対応している機種もあります。

au 4G LTEは人口カバー率99%と言う利便性の高い通信回線で、広いエリアで利用出来ます。それに、800MHzのプラチナバンドの電波を使用していますので、奥まった場所まで電波が届きます。

他方で、一度でも使用すると月額1005円の回線利用料金が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が掛けられます。モバイルインターネットサービスには、WiMAXの他にも色々なサービスがあります。例えばですが、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスが存在します。ぷららモバイルLTE速度制限が無いと言う話は間違いなくそうですが、下り最大通信速度はわずか3Mbps程度です。ぷららモバイルLTEの通信速度って、速度制限時のWiMAXの通信速度よりも遅いです。そんな理由から、速度制限は無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXを例に出すとすれば、常に速度制限状態だと言えます。WiMAX通信の出来る端末の大きさは、スマートフォンよりも小さいです。その為、持ち運びするのに便利です。
ポケットサイズですし、重さも厚みも大した事なく、ハンカチと一緒に入れても大丈夫です。ワイマックス通信機は、スマホアプリを使って操作をする事が出来ます。
そう言う理由で、WiMAXルーターをカバンの中に入れ、そのまま使用する事も可能です。

評判のWiMAXではあるのですが、ポジティブな意見ばかりではありません。一つの例として、建物内では通信速度が落ちるだとか、そう言うネガティブな書き込みもあります。

 

なのですが、WiMAXの基地局の数の向上と共にWiMAXの環境は良くなっています。と言う事で、口コミの内容が現在は改善されていると言う事も多々あります。
WiMAXの口コミを読む際には、いつの口コミなのかを把握しながら読む癖を付けましょう。

WiMAX通信を行なう為の機器は、日々性能が上がって来ています。
例えば、通信速度が速まって、今のところ、下り最大通信速度が220Mbps出る点が特長となっています。

ただし、最近は通信速度よりも、通信を行った量の方に注目が集まる傾向が見て取れます。

 

新型WiMAX端末のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されています。その訳は、3日間で3GB以上の通信を行った場合に適用される混雑回避の為の速度制限、これが適用されやすくなって、利便性がガクンと落ちたのです。

そういう理由から、メーカー及びユーザー的には、ここを意識しているのです。
家電量販店で、光回線のサービスを店員さんから勧められました。私はWiMAXを使っていますので、勿論、必要性を感じません。

WiMAXユーザーなので必要ないと答えたところ、想定外の返事をされました。WiMAXだと、天候によって受信具合が左右されるでしょう?しかしながら、これまで3年間WiMAXを使用して来た上で、WiMAXが天気に左右され、使えなくなる等と言う事は一度もありません。
大雨の中であっても、WiMAXの通信環境に影響を与える事はありませんでした。
PEPABO WiMAXは、普段は3種類のプランがあります。28000円の高い現金キャッシュバックが受け取れる通常プランや、月額料金の安い通常プランである月額割引プラン。
更には、ギガ放題プランを2年間通常プランの安い月額料金で利用出来る料金プランがあります。
時たま、もっと月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、こちらはいつもラインナップされている料金プランではありません。

 

WiMAXユーザーのメリットとしては、無線を介したインターネット通信を行なう事が出来ると言う点にあります。無線ですので、どこからでもインターネットアクセスが可能となります。加えて、WiMAX端末はポケットサイズですので、持ち運び性が高いです。
諸々の点を考えると、タブレットと持ち運んで使用すると良いです。なので、WiMAXとタブレットとのセット売りを行っているプロバイダも存在します。

 

25ヵ月間継続の契約をする事で はコメントを受け付けていません。

Tags: