Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットを行なうので

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能を搭載し、下り最大通信速度が従来の倍になる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。

4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なう技術の事を指します。

その技術によって、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsになるのです。それに、Bluetoothと言う機能にも対応していますから、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が可能となります。
新たにWiMAXのサービスを導入した事で、私のライフスタイルは一変しました。
一番変化が大きかった事は、スマートフォンで7G制限を気にする必要がなくなりました。
Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマホの通信量は浪費しなくなった訳です。
なので、スマートフォンサイトに動画が埋め込まれている場合でも、ヒヤヒヤせずPCのように観れるようになりました。WiMAXサービスを利用していて思うメリットは、複数ある様に感じます。一点目が、無線を使ったサービスなので、任意の場所でインターネットを行なう事が可能です。続いて思い付くのが、無線なので、回線工事が不要だと言う点です。そして、インターネットの回線工事は不必要と言う事で、安くインターネットサービスを導入する事が出来ます。他にも、帯域制限が厳しくない部分も、WiMAXの魅力と言えます。

家電量販店にて、光回線の勧誘をされました。
でも、WiMAXを使っている私ではありますし、当たり前の事ですが、そんなもの必要ありません。(WiMAX 2+対応の新製品W02とWX02、選ぶ判断基準はどこに?を参考)
店員にその旨を伝えると、想定外の返事をされました。WiMAXって、その日の天気で受信状態が変わるでしょう?ですが、これまで3年間WiMAXを使用して来た上で、天気悪化でWiMAXが使えないと言う経験はいまだかつてありません。

 

強風で大荒れの天候の日もありましたが、WiMAXの通信環境に悪影響を及ぼす事はありませんでした。
WiMAXサービスを販売するプロバイダの一つに、Broad WiMAXといったプロバイダがあります。

Broad WiMAXの特徴には、月額の料金が安い点があります。
その分初期費用が高額なのですけれど、クレジットカード払いの人は初期費用が無料になるキャンペーンが実施されています。
契約25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダですから、長い期間契約を続ける人にとってお勧めのプロバイダです。
WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+と言う名称のプロバイダが存在します。

 

このプロバイダが提供しているWiMAXサービスですが、1年間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。
このセキュリティサービスなのですが、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスとなります。本来は月額500円掛かる有料サービスなので、6000円分のお得感があると言えるでしょう。

WiMAXの端末は、常に進化を続けています。

 

特に、通信速度の改良は目を見張るものがあり、現在のところ、下りの最大の通信速度が220Mbpsと言うスペックに達しています。とは言っても、最近になって通信速度よりも、総通信量が重要視されている傾向が見られます。新しいWiMAX端末のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されています。その訳は、3日間で3GB以上の通信を行った場合に適用される混雑回避の為の速度制限、これが頻繁に課されるようになったのです。
そう言う事で、メーカーやユーザーとしては、新製品に搭載する機能も変わって来たのです。
WiMAXと言うインターネットサービスの特長としては、インターネットの利用を無線通信で行なう事が出来ると言う部分があります。

無線を使う形なので、好きな場所でインターネットを行なう事が出来ます。
それに合わせて、WiMAX機器は小型ですので、携帯性が高いです。

そんな部分を考慮すると、タブレットと一緒に持ち運んで、好きな場所から使用するのも良いです。なので、WiMAXのキャンペーンの中にはタブレットの無料プレゼントが行われている所もあります。UQ WiMAXの強みは、速度制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。他のモバイルインターネットサービスだと、速度制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。大丈夫な事と言えば、5分くらいの動画を数日に一回程度視聴する位ではないでしょうか?ですが、WiMAXだったら堂々と映画が観れますし、24時間ネット放送を流しっぱなしにしても平気です。WiMAXサービスと契約を申し込む折、様々なキャンペーンサービスが付いて来ます。中でもお勧めなのが、公衆無線LANを使用出来るようになるサービスです。
UQ WiMAXだったらUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。
どんなプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、数多くのWi-Fiスポットと提携しているサービスです。WiMAXの端末の機種には、au 4G LTEと言うauの通信回線に対応している機種もあります。

au 4G LTEは人口対応率が99%の通信回線で、広大なエリアで利用出来ます。更に、800MHzのプラチナバンドを使用してますから、奥まった部分まで電波が行き届きます。

その一方、一度でも使うと月に1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が適用されます。

nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスを無料で使用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。対象となるWi-Fiサービスなのですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類となります。

 

その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの両方を使用する事が可能となります。
WiMAX端末が手元になくても利用する事が出来ますし、速度制限も気にしなくて良いので、とても評判のあるサービスになってます。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。
その理由としては、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が著しかったからなのです。
そう言う理由から、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新たに搭載されました。合わせて、三日間の総通信量が表示される機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限への対策がしやすくなりました。
WiMAXのサービスを提供しているプロバイダなのですが、何社かあります。契約先となるプロバイダ毎にキャンペーンに違いがありますから、この部分、注意しましょう。具体例を言うと、ある程度の高額キャッシュバックと安心感の両方を希望する方は、BIGLOBE WiMAX 2+がお薦めです。

こう言った風に、各キャンペーン毎に契約内容は違いますから、ちゃんとプロバイダ選びは行いたいものです。

WiMAXと言うモバイルインターネットサービスの提供元は、auの子会社のUQコミュニケーションズなのです。って事で、auと連携したサービスがいくつか存在します。

その中でも代表的なのが、auスマートバリューmineとなります。WiMAXの契約を行った後にauにて手続きを行なうと、auのサービスの月額料金が安くなるサービスです。
モバイルインターネットサービスには、WiMAXの他にも色々なサービスが存在します。
具体的に言うと、速度制限無しと言う点で話題のぷららモバイルLTEが存在します。ぷららモバイルLTEに速度制限が無いと言うのは確かにそうなのですが、上下最大通信速度は3Mbps程度しか出ません。この通信速度は、速度制限の際のWiMAXよりも遅いです。従って、速度制限無しとは言えども、WiMAXで比べると、常時速度制限が掛かっている状態とも言えます。

モバイルインターネットサービスの中でも話題のWiMAXではありますが、速度制限に関して注意が必要です。モバイルインターネットサービスは色々ありますが、WiMAXは緩めの速度制限の設定となっています。かと言って、速度制限が全く無いと言うことではありませんから、時々は通信量を気にかけると良いでしょう。ですが、速度制限が掛けられてしまったケースであっても、普通に映画を見る位であれば、インターネットは使用する事が可能です。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を実装し、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応地域が広がっています。
また、au 4G LTE対応はHWD15からそのまま受け継ぎ、広い地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。
勿論の事ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う充電台にも対応していて、充電しながらのインターネットにも対応してます。

最近のUQ WiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線を使用出来るWiMAX端末も登場しています。au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線を使用し、人口カバー率が99%を超える、とても繋がりやすい通信回線なのです。800MHzと言った低周波数を使うプラチナバンドで、障害物があっても貫通したり回り込んだりして、奥まった場所にも電波が届きやすいです。今までのau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsに対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡大して来ています。

評判のWiMAXではあるのですが、色々な意見があります。

 

例として、通信が途切れるだとか、そう言った意見もあるにはあります。
とは言えども、WiMAXの基地局の増設に伴ってWiMAXの受信具合は良くなる一方です。と言う事で、現状とは状況が異なるケースが多いです。

 

WiMAXについて書かれた口コミを目にしたら、いつの口コミなのかを把握しながら読む癖を付けましょう。WiMAX通信に対応した端末は、年々新しいものが開発されます。
それぞれによって性能が違い、スペックも違います。

そんな中でも衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の登場でしょう。
このWiMAX機器はau 4G LTEに対応していて、当時はまだ不足していたWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。

WiMAX端末は通常の値段が20000円しますし、クレードルのセット販売で22750円もします。

かなりの金額となりますので、WiMAX導入の際の負担となってしまいます。

そんなわけで、それぞれのプロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントを行っています。

 

プロバイダによってはクレードルとセットで無料の所もありますから、そう言うプロバイダを選ぶと良いです。

WiMAXサービスの中において、最もサポート体制がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。
WiMAXサービスに対する情報を一番把握していますし、問題が起きた際の対応も最も早くて的確で、サポート対応時間も最長です。
ただ、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容が今ひとつなので、代理店と契約をすると言う手段もあります。

代理店だとキャンペーン特典がある程度充実してますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用出来ると言った良いとこ取りが出来ます。
WiMAXを取得すると、WiMAX機器しか必要ないから、家の中がすっきりします。光回線だとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで結ぶ必要があります。モデムには毎月レンタル料金が掛かり、月々の料金に上乗せされます。一応、モデムに無線カードを差し込む事も出来ますが、無線カードを使用する場合はレンタル料金を取られてしまいます。

インターネットの新しいサービスは次々と出ていますが、モバイルインターネットサービスの存在も無視できなくなって来ました。

 

好きな場所からインターネットにアクセスする事が出来ると言う自由度があって、利便性と言う点では大幅に向上しています。
モバイルのサービスと言うと、どうしても不安定なんじゃないかと言う部分があります。
とは言うものの、昨今のモバイルの状況は進んでいますから、通信状態は安定しています。

と言う事で、モバイルとは言えども、使い勝手は悪く無いです。UQ WiMAXサービスに申し込むと、その機能性の高さにビックリさせられます。
私が感じたのが、帯域制限が厳し過ぎないと言う部分です。
私はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なんですが、速度制限でイライラする事が無くなりました。UQ WiMAXにも速度制限はありますが、ギガ放題プランであれば気にするレベルでは無くなるのです。

WiMAXを利用する際に、注意する速度制限が二つあります。一つめは、月間データ量による速度制限、俗に言われている7G制限って呼ばれているものがあります。
次いで、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものがあります。

ギガ放題プランに申し込む事で、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除されます。しかし、混雑回避の為の速度制限は適用となります。WiMAXサービスは25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をしてしまうと契約解除料を取られてしまいます。
それほど長い契約期間になっていますから、しっかりとしたとこと契約を行いたい所です。

 

うっかり見逃されがちな部分が、各契約先のサポートセンターの応対です。電話対応が休日は非対応だったり、フリーダイヤルでは無かったりするプロバイダも少なくないですから、ちゃんと判断してから契約を行いたいものです。
WiMAXサービスを運営しているプロバイダの中でも、人気のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを展開していて、そのバリエーションの豊富さも人気の秘密です。ですけれども、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される最も大きな理由は、業界でも最高額のキャッシュバックキャンペーンが挙げられます。
それに加えて、保証内容もしっかりしていて、それが人気を支える大きな部分となっているのです。

PEPABO WiMAXと言うプロバイダには、通常3種類の料金プランが存在します。

28000円の高額な現金キャッシュバックが受け取れる通常プランとか、月額料金の安い通常プランである月額割引プラン。
その他にも、ギガ放題プランを2年間通常プランの安い月額料金で利用出来る料金プランがあります。

時折、もっと月額料金の安いタイムセールと言う料金プランも登場する事がありますけど、これはいつもある料金プランではありません。

 

Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットを行なうので はコメントを受け付けていません。

Tags: