いちご鼻にオススメの方法

私が悩んでいたのは「いちご鼻」です。典型的な混合肌の私は「乾燥している肌を守るために油分がどんどん分泌される」負のループに心底苦しんでいました。念入りに洗っても、人気の毛穴パックをしてみても、翌日には元通り脂ぎった小鼻になってしまうんです。 私が実践したスキンケア方法は、「肌を直接こすらない石鹸での泡洗顔」。美肌に関する本などを読むと、洗いすぎると大切な水分まで失われ、肌を守るためにさらに油分が分泌される、というふうに書いてあるのは昔から知っていました。でも、「いちご鼻」に悩み始めた最初のころはとことん洗わないともっと悪化すると思い込んでいました。けれどその後、洗顔料を変えてみたり、スクラブをいろいろ試してみても一向に良くならないので、一回だけ本を信じてやってみようと思い、「しっかりとした洗浄力のある石鹸をもこもこに泡立てたもので顔をそっと包み、長くても60秒ほどですぐに洗い流す」という方法を試してみました。 私が「肌を直接こすらない石鹸での泡洗顔」を実践してどうだったかというと、最初の数日は当初の予想通り「なんだかべたつきが残っている上に、毛穴詰まりもほとんど変化なし…」と落ち込みましたが、数週間経った頃にびっくり!「洗いすぎ」「スクラブ」し過ぎで乾燥しまくっていた肌が徐々に自前のバリア機能を取り戻したのか、延々出続けていた油の量も減っていき、鼻の黒ずみはほとんど気にならなくなりました。またそれまでは洗顔後肌がヒリヒリしたり赤くなったりしていたのですが、それもなくなり、触ると吸い付くような質感に変わっていきました。 「肌を直接こすらない石鹸での泡洗顔」をおすすめしたい人は、「鼻の黒ずみ」に困っていて、いろんな洗顔料やスクラブを試しても満足の行く効果がなく、「これ以上何をしたらいいの?」と悩んでいる人です。いろいろ買ってみてダメなら、あえて「お肌をいじりすぎない」この方法を一度試してみてほしいです。 これから「肌を直接こすらない石鹸での泡洗顔」を実践してみたいと思っている方へのアドバイスは、「数日であきらめず、せめて1カ月は試してみて欲しい」(肌のターンオーバーは1カ月くらいかかるので)ということと、洗顔後は十分に保湿をして、乳液で水分を閉じ込めること。これだけです。
【口コミ調査】アピナチューレWリッチローションの効果ってどうなの?

いちご鼻にオススメの方法 はコメントを受け付けていません。