乾燥に対するスキンケア

私が悩んでいたのは乾燥です。口元や周り、頬が乾燥することが多く、見た目の悪さはもちろん、痒みが伴うことが多くなかなか治りにくい点も嫌でした。特に春先や秋の初めなど、季節の変わり目に症状が現れる事が多いです。 私が実践したスキンケア方法は、入浴後と寝る前に十分過ぎるほど化粧水をっぷり付けて保湿をした後、その水分が蒸発しないようしっかり蓋をするように乳液を塗ったことです。乳液もケチらずに、塗ったあと少しベタつくくらいまでしっかりと付けました。 私が「たっぷり化粧水の後にしっかりと乳液をつける」を実践してどうだったかというと、肌が潤っている状態がキープできたので、乾燥が改善しました。お風呂上がりにスキンケアを実施することで、入浴時に失った水分を補い、寝る前にもう一度やることで寝ている間に失われる水分の蒸発を防げたように感じます。寝る前にたっぷり付けると枕に付いてしまうかもしれませんが、枕を清潔に保つことにも繋がるので毎日洗えば大丈夫だと思います。 「たっぷり化粧水の後にしっかりと乳液をつける」をおすすめしたい人は、私のように慢性的な乾燥に悩む方です。化粧水や乳液をたっぷり使うことに抵抗がない方にも。痒みを伴うと辛いですし、見た目が気になると思うからです。あまり乾燥がない人は必要ないかもしれません。 化粧水や乳液は高額なものでなくても大丈夫です。高額な商品だとついついもったいない気持ちが買ってしまって、ちょこっとずつ使ってしまいがちかもしれません。たっぷり使っても罪悪感無く続けられる事が大切かなと思います。
https://swaewatches.com/

乾燥に対するスキンケア はコメントを受け付けていません。