肌がいつもべたついている事について

私が悩んでいたのは、肌がいつもべたついている事でした。顔を洗っても、その後しばらくして鏡を見ると、すでに脂ぎっていてベタベタしていたのです。化粧をしても油のせいで落ちやすいし、油と一緒に落ちた化粧が崩れていました。 私が実践したスキンケア方法は、洗顔を控えめにして、保湿をすることです。油が多いため洗顔をたくさんしていましたが、それを止めて、洗顔は一日一回だけにして、その代わりに朝と夜にしっかりと保湿をするようにしました。 その控えめ洗顔と保湿を実践してどうだったかというと、顔の油が減り、べたつきもなくなりました。油が多いため、顔を洗いたくなりますが、洗顔をして油を落としすぎることで、皮膚がさらに油を出してしまうのです。また肌が乾燥していることも油が増える原因となります。油を落としすぎないように控えめな洗顔にして、乾燥しないようしっかりと保湿をすることで、結果的に油を減らすことに繋がります。 控えめ洗顔と保湿をおすすめしたい人は、かつての私と同じように油の多さで肌がべたついて悩んでいる人です。油を落とすことばかり考えてしまいますが、そうではなく、油を増やさない方法を実践することが大切です。 これからこの控えめ洗顔と保湿を実践してみたいと思っている人は、初めは油をすっきり落とさないことでさっぱり感がなくもやもやするかもしれません。でも少しだけ我慢です。それを続けると、だんだんと油が減り、肌が潤い、ベタベタ肌とお別れできます。
参考サイト

肌がいつもべたついている事について はコメントを受け付けていません。