Edyのクレジット一体型カードの注意点

クレジットカードとEdy機能が一緒になっているものは役立つものですが、留意点もあるようです。よく聞く話が、利用金額の管理がしづらいというものです。さらに状況が混乱しやすいのは、Edy以外の電子マネーを同時に利用しているという人です。複雑になりやすいのは、月のクレジットカードの利用金額が何円で、どのカードの利用金額が何円で、残高が何円で、という情報ではないでしょうか。特に意識することなくたくさん使ってしまうことがあります。さらに使い勝手が悪いのは、Edy一体型クレジットカードを落としたり失くしたりしたときです。もし紛失してしまったら、ふだん重宝しているものですので、かなりの痛手となるのではないでしょうか。カードの管理には、また発行してもらう手続きも面倒ですので、要注意だといえるでしょう。Edyクレジット一体型は、Edyの電子マネーを使い切ってからでなければ、クレジットカードの解約ができません。利用期間が過ぎたクレジットカードを、とくに気にすることもなく裁断処理することがあります。もともとカードにチャージしていたEdyの電子マネーを全部失ってしまうでしょう。カードは一緒になっていますが、分かれているのはクレジットカードと電子マネーの機能です。クレジットカードはクレジットカードとして、EdyはEdyとして、たとえ一体型であっても利用する必要があるようです。レンタカー 安い

Edyのクレジット一体型カードの注意点 はコメントを受け付けていません。