自転車部に入った息子

息子が通っていたのは、神奈川県立神奈川総合産業高等学校の定時制です。

相模大野駅から徒歩20分になります。息子は自転車部に入ったので、毎日バイトの後自転車で通っていました。
神奈川総合産業高等学校は、部活が盛んな学校でした。県大会に出ることも珍しくありません。息子も部活でレースに出ては、メダルをよく持ち帰ってきました。バイトで貯めたお金でレース用自転車のタイヤを変えたり、休みには山に走りに行っていました。
産業高校でしたが、息子は進学を希望して、私から見たら楽しそうな技術系の授業よりも、ひたすら勉強をしていました。要領よく単位を取って、3年で卒業しました。年頃ですので、私に学校生活を話すことはありませんでしたが、自転車部で友人もたくさん出来たようです。
息子が定時制に通ったのは、私がシングルマザーだったからで、その点は苦労させたな、と、思います。高校から始まった自転車の趣味は、大学でも続き、社会人になった今でも、仕事の後走りに行っています。

https://peraichi.com/landing_pages/view/taigakutodoke

自転車部に入った息子 はコメントを受け付けていません。