ちょっと人助けした気分でした

昨日の晩のことです。いつもどおり会社から車で帰宅していたのですが、人通りの少ない狭い道を左折した瞬間、目の前に人が倒れていました。びっくりして急ブレーキを掛けました。大丈夫。ひいてはいません。車のライトに照らされているのは、おばあさんのようです。動いてはいるものの、立ち上がれない様子です。周りには誰もいません。ひき逃げ事故にでもあったのでしょうか。慌てて車から降り、「大丈夫ですか?」と声を掛けながら近づきます。おばあさんも、私に気づき、困った顔をしました。おばあさんの話では、一人で散歩をしていてコケてしまい、立ち上がれなくなったそうです。私はおばあさんを抱きかかえおばあさんが立ち上がるのを助けてあげました。「ありがとうございます。」とおばあさん。しかし、ヨロヨロしている姿に心配になり、「家まで送って行きましょうか?」と聞きましたが、「もう大丈夫です。ありがとうございました。」と再びお礼を言い、おばあさんはゆっくり立ち去っていきました。おばあさんにお礼を言われてちょっと良いことをしたような気になりました。それにしても、人通りの少ない狭い道、夜の22時ころに散歩するおばあさんがいることにちょっと驚きました。というか幽霊ではないですよね。

jsam-tohoku.org

ちょっと人助けした気分でした はコメントを受け付けていません。