ローンで買った場合

車をローンで買った場合ですが、車検証では所有者はディーラーになっていますが、使用者は買った本人の名前になっています。

ですが、それは書面上でのことです。実情はローンで買った本人のものということができます。ですがもし車をローンで買ったものの支払いが終わらないうちに自分の過失で、全損事故を起こしてしまったならばどうしたらいいのでしょうか。車両保険に入っていれば保険でローンの残額は支払ってもらうということができます。この場合ですが、すぐに所有権の開場する必要があります。抹消登録をするということができます。そうすれば、特に問題が残るということはありません。問題なのは車両保険に入っていない場合です。ローンの支払いが終わるまで所有者のディーラーやローンの会社は、所有権の会場を受け付けてはくれません。所有権の解除しないと抹消登録はできません。つまりどういうことかというと車は廃車になってしまったとしても、ローンの支払いが終わるまでは自動車税を支払い続けなければならないということです。車がないのに、自動車税を支払わないといけないというのは、釈然としませんが、そのようになっています。ですが、ある手続きをしますと自動車税はストップすることができます。車買取を大阪でするなら

ローンで買った場合 はコメントを受け付けていません。