皮膚科での多汗症の治療

多汗症の治療とは、どんなことをするのでしょうか。多汗症は汗をたくさんかく症状のことで、精神的な要因や、体質によるものがあります。人前で流れるほどの大量の汗をかいたり、洋服に汗じみができるので人と会うのが億劫になる人もいます。汗のにおい自体はさほどでもありませんが、汗をかいたままでいると体が蒸れて臭いがする場合もあります。

汗と一緒に皮脂が分泌され、それが空気によって参加することで、特有の臭いが出ることもあります。多汗症の治療法として一般的なものは、ボトックスの注射です。ボトックス注射とは、ボツリヌス菌から作られたもので、筋肉の収縮を起こさせて発汗をおさえる治療法になります。多汗症の治療にボトックス注射を使うデメリットは、保険が適用されないことです。その上で、ボトックス注射は3カ月くらいで効き目を失いますので、再度注射をし直すことになるものです。肌に汗が残っていると、体の臭いの原因になります。毎日お風呂に入って清潔にすることが、臭いを出さないための基本です。汗の臭いを少しでも減らしたいという場合は、風が通りやすい涼しい服を着たり、汗取りパッドを使うなどの方法が推奨されます。足の裏の発汗量が多いために、足がくさくて困っているという人も、多いといいます。吸湿性のいい靴下を履くようにして、デスクワークの時は靴を脱いでサンダルに履き替えるようにすれば、臭いの対策になります。臭いの対策をすることは重要ですが、一番のポイントは気にしすぎに注意することです。多汗症の症状で悩み過ぎると、人前に出るだけで焦りや不安から汗をかくようにもなりますし、場合によっては心療内科での治療を受けなければならなくなってしまいます。ひざ 黒ずみ 治す

皮膚科での多汗症の治療 はコメントを受け付けていません。