水族館ガール

母がドラマ好きで、実家に帰省するとよく一緒にドラマを見ます。今日は、水族館ガールというドラマを見ました。
今回が第二話だったようですが、テレビがついていると、つい見てしまいます。

水族館の飼育員のお話ですが、話が分かりやすかったので、第二話でも楽しく見ることができましたよ。
かわいがっているイルカが病気になり、死んでしまったのですが、そのときの、伊藤司郎さん演じる館長が行った言葉が心に残りました。「動物の命はいつか終わりがくる。でも産まれる命もあるから、前に進まなければいけない。でも死に慣れてはいけない」などと言う言葉です。今ある命に感謝です。
久しぶりにドラマを見て、いい言葉を聞いたなと思いました。最近、いろいろなことでストレスを感じており、自分に余裕がありませんでしたが、たまにはドラマを見ることや、実家に帰省して気分転換をすることは大事だなと思いました。
ハッと気づかされることもありますね。来週も見たくなりました。
ドラマを見ていたらもうこんな時間!
予約している渋谷区でピルをもらえるお医者さんの時間が近いので、急いで出かけてきます。

水族館ガール はコメントを受け付けていません。